m3.com トップ > 臨床ニュース > アボカド由来の脂肪酸avocatin Bが抗癌剤の効果を高めることを発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アボカド由来の脂肪酸avocatin Bが抗癌剤の効果を高めることを発見

2018年11月27日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患

順天堂大学は11月21日、アボカドから抽出した成分の脂肪酸avocatinBが白血病がん細胞の脂肪酸代謝を阻害してがん細胞の増殖を抑制すること、さらに、白血病化学療法薬(抗がん剤)との併用により抗がん効果を高めることを発見したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科臨床病態検査医学の田部陽子特任教授らと、米国MDアンダーソンがんセンターのマリナ・コノプレバ教授、カナダゲルフ大学のポール・スパヌオロ博士らとの共同研究によるもの。研究成果は、英国科学雑誌「ScientificReports」オン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞