m3.com トップ > 臨床ニュース > β2受容体刺激薬吸入で改善する“腹痛”を見破る【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

β2受容体刺激薬吸入で改善する“腹痛”を見破る【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「研修医セミナー」 『小児の発熱と腹痛』 -Vol.7

2018年12月3日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患救急

自治医科大学附属さいたま医療センター「研修医セミナー」から小児の発熱と腹痛についての講義を紹介する本シリーズ、「腹痛」編は、症例から「おなかが痛い」という訴えに込められる多様な疾患の、診療のポイントを学ぶ。講師は同センター小児科助教の杉山洋平氏。全4回。頭痛編『負担大きい抗体医薬、小児科医の本音』はこちら「嘔吐は止めるが、下痢は止めない」杉山今日は限られた時間ですので、小児の腹痛についてすべてお話しすることはできませんが、皆さんの記憶に残りやすいよう、いくつかケーススタディを用意してきました。い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞