m3.com トップ > 臨床ニュース > 血便がなくても腸重積を鑑別に挙げる【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

血便がなくても腸重積を鑑別に挙げる【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「研修医セミナー」 『小児の発熱と腹痛』 -Vol.10

2018年12月14日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患救急

自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの番外編としてお送りしてきた「研修医セミナー」、最終回は、見逃しが怖い小児疾患の一つ、腸重積症について。腹痛・嘔吐・血便という3主徴それぞれの特徴を学ぶ。講師は小児科助教の杉山洋平氏。前回の記事『「希少疾患はめったに来ない」というバイアス』はこちら「首が座った後から、歩き始めの男の子に多い病気」腸重積杉山洋平氏(以下、杉山)最後に少しだけ、腸重積症についてのレクチャーを行います。一般小児救急では、腹痛という主訴に頻繁に遭遇します。最も頻度が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞