m3.com トップ > 臨床ニュース > 進行期パーキンソン病治療の現状と未来の展望について

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

進行期パーキンソン病治療の現状と未来の展望について

2018年11月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患

パーキンソン病は、振戦、筋固縮、無動、姿勢反射障害を主症状とする神経疾患。日本国内の患者数は約16万人と、高齢化に伴い患者数は増加している。近年ではiPS細胞を用いた臨床試験も開始した。アッヴィ合同会社は11月21日にメディアセミナーを開催。順天堂大学大学院医学部研究科神経学教授の服部信孝氏らが講演を行った。レボドパ含有製剤を含む既存の薬物療法で十分な効果が得られないパーキンソン病の症状の日内変動(ウェアリングオフ現象)に対する治療のひとつとして、「デュオドーパ(R)配合経腸用液」(一般名:レボ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞