m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌ゲノム医療の運用体制、整備進む【時流◆癌治療のこれから】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

癌ゲノム医療の運用体制、整備進む【時流◆癌治療のこれから】 責任研究者を務める東大病院准教授・織田克利氏に聞く-Vol.2

2018年11月29日 時流  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

癌医療の未来について語る織田克利氏癌ゲノム医療を巡っては厚生労働省が推進しており、東大病院による「TodaiOncoPanel(TOP)」や国立がん研究センターによる「NCCオンコパネル」などの研究が進むほか、がんゲノム医療中核拠点病院といった医療機関の整備が進んでいる。患者一人一人に合った癌治療を届けるためには今、何が不足しているのだろうか。癌医療は今後、どのように変わっていくのだろうか。TOPの責任研究者である東京大学医学部附属病院准教授の織田克利氏に伺った。(聞き手・まとめ:m3.com編...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞