m3.com トップ > 臨床ニュース > 頸動脈血流の収縮後期拍動の増加で大脳白質病変が出現

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

頸動脈血流の収縮後期拍動の増加で大脳白質病変が出現

2018年11月30日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患検査に関わる問題

宮城教育大学は11月27日、脳MRIで検出される白質病変を引き起こす新たな機序を解明したと発表した。この成果は、同大保健管理センターの橋本潤一郎教授、東北大学大学院医学系研究科腎・高血圧・内分泌学分野の伊藤貞嘉教授と、オランダ・VU大学医学センターのBerendE.Westerhof博士との共同研究によるもの。研究成果は、米国心臓協会(AHA)の学会誌「Arteriosclerosis,Thrombosis,andVascularBiology」電子版に掲載されている。脳MRI検査(T2強調画像...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞