m3.com トップ > 臨床ニュース > 介護施設向けの配薬支援装置を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

介護施設向けの配薬支援装置を開発

2018年12月3日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患投薬に関わる問題

東北大学は11月28日、介護施設向けの配薬支援装置「HSS-10」(実用新案登録済)を研究開発し、2018年12月3日より販売を開始すると発表した。この研究開発は、同大大学院医学系研究科医学情報学分野の鈴木亮二助教と株式会社石神製作所が共同で行ったもの。鈴木助教は、2012年から産学連携で在宅高齢者の服薬忘れ改善と見守りを目的として、服薬支援装置の開発を行ってきた。その成果として、2015年に「見守り機能付き服薬支援装置ふっくん(R)」を石神製作所から発売し、テクノエイド協会の福祉用具コードも取...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞