m3.com トップ > 臨床ニュース > アッヴィ C肝薬マヴィレット、12歳以上の小児適応を申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アッヴィ C肝薬マヴィレット、12歳以上の小児適応を申請

2018年12月4日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患感染症投薬に関わる問題

アッヴィ合同会社は11月30日、全ての主要なジェノタイプ(GT1~6型)のC型肝炎治療薬マヴィレット配合錠(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル)について、12歳以上の小児への適応追加を行う承認事項一部変更申請を行ったと発表した。1日1回投与で用いる。承認されれば、国内で初めて、12歳以上の小児に適応を持つ直接作用型抗ウイルス薬(DAA)となる。マヴィレットやハーボニーに代表される近年登場したDAAは、成人のHCV感染患者で90%以上の有効率を示しており、小児のC型肝炎ウイルス(HCV...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞