m3.com トップ > 臨床ニュース > aiboによる介在療法が長期療養中の小児に与える癒し効果を検証

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

aiboによる介在療法が長期療養中の小児に与える癒し効果を検証

2018年12月4日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患

国立成育医療研究センター(NCCHD)は11月29日、ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」による小児医療現場における長期療養中の子どもに与える癒し効果の検証を2018年12月より開始すると発表した。画像はリリースより近年ロボットを通じた子どもの心の発達心理学研究(特に認知、意図、意思、心の理論)が進んでいる。生まれて数か月の乳児は人に興味をもち、顔や身体の形の特長、動き方に注目し人との特別な関係性を築く。このステップが対人コミュニケーション発達に大きく影響するとされてきたが、ロボ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞