m3.com トップ > 臨床ニュース > PCPSのガイドワイヤー吸い込みに警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

PCPSのガイドワイヤー吸い込みに警鐘 ポートは確実に閉じておくよう呼びかけ

2018年12月4日 日本人工臓器学会  カテゴリ: 救急その他

日本人工臓器学会は、経皮的心肺補助(PCPS)導入後に肺動脈カテーテルを留置するため静脈からガイドワイヤーを挿入したところ、PCPSの脱血カニューレからPCPS回路にガイドワイヤーが吸い込まれた事例が複数報告されているとし、注意を呼びかけている。流入したガイドワイヤーが遠心ポンプに巻き付いた場合、ポンプは停止する。静脈に留置したカテーテルの内腔を通してPCPS回路に空気が吸い込まれる可能性もあり、注意が求められる。同学会は対策として、PCPS・体外式膜型人工肺(ECMO)挿入下で静脈にガイドワイ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞