m3.com トップ > 臨床ニュース > 新規機序の急性骨髄性白血病治療薬ゾスパタ錠を新発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新規機序の急性骨髄性白血病治療薬ゾスパタ錠を新発売

2018年12月5日 ミクスOnline  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

アステラス製薬は12月3日、再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病治療薬ゾスパタ錠40mg(一般名:ギルテリチニブフマル酸塩)を同日に新発売したと発表した。腫瘍の増殖に関与するFLT3を介したシグナル伝達を阻害することで、腫瘍の増殖を抑制すると考えられている「FLT3阻害薬」と呼称する新規機序の治療薬で、ファーストインクラス薬。投与にあたってはコンパニオン診断薬を用いた検査が必要となる。通常、120mgを1日1回の経口投与で用いる。薬価は40mg1錠1万9409.10円、1日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞