m3.com トップ > 臨床ニュース > 開業医-勤務医間で患者紹介タイミングの認識に乖離

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

開業医-勤務医間で患者紹介タイミングの認識に乖離 開業医・勤務医に聞いた患者紹介・搬送のタイミングVol.1

2018年12月7日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

m3.comによる調査で、患者の紹介・搬送のタイミングについて選択肢を示してm3.com会員であるクリニック・診療所の医師(以下、開業医)514人および病院に勤務する医師(以下、勤務医)617人にそれぞれ回答を求めた。開業医の認識では、患者の紹介タイミングについて確信を持つことができなかった(早いあるいは遅い)症例の割合が12.1%だったのに対し、勤務医の認識では、紹介で来院した患者のうち、紹介タイミングが適切でないと感じた症例の割合が19.3%と勤務医と開業医の認識の差異が浮き彫りになった。Q...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞