m3.com トップ > 臨床ニュース > 敗血症ガイドラインが全医師を対象にする理由【時流◆敗血症GL改訂Vol.1】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

敗血症ガイドラインが全医師を対象にする理由【時流◆敗血症GL改訂Vol.1】 2020年発行に向けCQパブコメ募集

2018年12月10日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患感染症救急

2020年の発刊を目指し、日本集中治療医学会と日本救急医学会が共同で作成する「日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)」の改訂作業が始まった。クリニカルクエスチョン(CQ)案はすでに固まり、両学会ホームページでパブリックコメントの募集が始まっている。同ガイドライン(GL)特別委員会委員長の小倉裕司氏(大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター准教授)と、同委員で日本集中治療医学会GlobalSepsisAlliance委員会委員長の松嶋麻子氏(名古屋市立大学大学院先進急性期医療学教授)に、全...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞