m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗リウマチ薬リウマトレックスへの乾癬などの適応追加で公知申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗リウマチ薬リウマトレックスへの乾癬などの適応追加で公知申請

2018年12月11日 ミクスOnline  カテゴリ: リウマチ整形外科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

ファイザーは12月7日、抗リウマチ薬リウマトレックスカプセル(一般名:メトトレキサート)の適応に「局所療法で効果不十分な尋常性乾癬」「関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症」を追加する公知申請を行ったと発表した。追加する適応症は、日本皮膚科学会からの要望を受け、厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」が検討、医学・薬学上公知であるとして公知申請が妥当と判断されたもの。薬食審の医薬品第二部会で事前評価されており、予定追加適応に対しては保険適用されている。提供:ミクスオンライン

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞