m3.com トップ > 臨床ニュース > SKY59、発作性夜間ヘモグロビン尿症対象のP1/2試験の中間解析結果を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SKY59、発作性夜間ヘモグロビン尿症対象のP1/2試験の中間解析結果を発表

2018年12月12日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

中外製薬株式会社は12月6日、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)を予定適応症として開発中の抗C5リサイクリング抗体SKY59について、第1/2相国際共同治験「COMPOSER試験」の中間解析結果を、米国・サンディエゴで開催された第60回米国血液学会総会(ASH)で発表したと公表した。PNHは、PIG-A遺伝子に後天的変異を持った造血幹細胞がクローン性に拡大した結果、補体による血管内溶血を主徴とする造血幹細胞疾患。再生不良性貧血(AA)を代表とする後天性骨髄不全疾患としばしば合併・相互移行する。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞