m3.com トップ > 臨床ニュース > 関節リウマチ治療薬ケブザラ皮下注の自動注入製剤を発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

関節リウマチ治療薬ケブザラ皮下注の自動注入製剤を発売

2018年12月13日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患投薬に関わる問題

旭化成ファーマは12月11日、関節リウマチ治療薬ケブザラ(一般名:サリルマブ(遺伝子組換え))の自動注入製剤を発売したと発表した。関節のこわばりや痛み、変形を訴える患者に扱いやすい形状で、1回量の薬剤が充填されており、キャップを外し、本体を皮膚に押し当てるだけで、注射針が患者の目に触れることなく自動的に皮膚に刺さり、薬液が注入される。製品名は、ケブザラ皮下注オートインジェクターで、100mgと200mgの2規格。18年2月から販売しているシリンジ製剤と同様、在宅自己注射指導管理料の対象。効能・効...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞