m3.com トップ > 臨床ニュース > 耳の鎮痛目的の抗菌薬がダメな理由【時流◆急性中耳炎診療を考える】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

耳の鎮痛目的の抗菌薬がダメな理由【時流◆急性中耳炎診療を考える】 GL作成委員・工藤典代氏へのインタビュー-Vol. 3

2018年5月に改訂された「小児急性中耳炎診療ガイドライン2018年度版」では、重症度スコアリングによる軽症例にはいきなり抗菌薬を処方しない、中等症以上には第一選択薬として高用量ペニシリン系薬を処方するなどの推奨が記載された。この他、「急性中耳炎の鎮痛を主目的とした抗菌薬処方を行わない」との踏み込んだ推奨も新たに示された。ガイドライン(GL)作成に携わったアリス耳鼻咽喉科(千葉市)院長の工藤典代氏にその背景を聞いた。(m3.com編集部・坂口恵)【小児急性中耳炎診療GL2018年版のハイライト】...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞