m3.com トップ > 臨床ニュース > 急性腹症の搬送、注意点とエピソード

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

急性腹症の搬送、注意点とエピソード 開業医・勤務医に聞いた患者紹介・搬送のタイミングVol.4

m3.com会員のうち、月に1例以上他院からの紹介患者を診療する勤務医617人に対し、紹介・搬送のタイミングについて遅いと感じることが多い領域や疾患名について調査を実施した。今回は、一般外科や消化器系の勤務医(74人)で回答が多かった「急性腹症(胆嚢炎・膵炎・虫垂炎等)」について、印象に残っているエピソードや、勤務医が考える紹介時に気を付けるべきポイントについて紹介する。Q.紹介・搬送のタイミングが遅いと感じた症例についてお尋ねします。紹介・搬送のタイミングについて遅いと感じることが多い領域や疾...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞