m3.com トップ > 臨床ニュース > 「AIホスピタル」で変わる医師の働き【時流◆癌治療のこれから】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「AIホスピタル」で変わる医師の働き【時流◆癌治療のこれから】 プロジェクトディレクターを務める中村祐輔氏に聞く-Vol.2

2018年12月20日 時流  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

癌医療の未来を語る中村祐輔氏ゲノム情報や人工知能(AI)などを利用して、新しい医療サービスの実現を目指す「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」プロジェクト。このプロジェクトを主導する、がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長の中村祐輔氏は、「日本の癌医療は大きな転換点にあり、オールジャパンで立ち向かう必要がある」と語る。果たして、「AIホスピタル」の実現により、臨床現場はどのように変わるのだろうか。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭)前回の記事『「AIホスピタル」で変わる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞