m3.com トップ > 臨床ニュース > 早期胃癌内視鏡診断指針の草案公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

早期胃癌内視鏡診断指針の草案公開 6項目構成で19のステートメントを掲載

日本消化器内視鏡学会は、「早期胃癌の内視鏡診断ガイドライン」の草案を学会ホームページに公開し、パブリックコメントを募集している。同ガイドライン(GL)は、「早期胃癌の質的診断」など6項目で構成され、計19のステートメントが掲載されている。意見募集の締め切りは2019年1月11日で、電子メールにて受け付けている。これまで、内視鏡による胃癌治療または内視鏡に特定しない胃癌検診に関するGLは刊行されているが、早期胃癌診断に特化したGLは作成されていなかった。そこで、同学会は、科学的な手法に基づいた基本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞