m3.com トップ > 臨床ニュース > 注目の脳梗塞治療、血栓回収療法を学ぶ【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

注目の脳梗塞治療、血栓回収療法を学ぶ【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.60_1

m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第60弾のテーマは、脳梗塞への新たな治療として注目される血栓回収療法。「血栓を掻き出す」治療法の実際と、組織プラスミノーゲン活性化因子(t-PA)との適応の違い、診療指針の動向について、ジュニアレジデント1年目の小島柊氏が全3回で解説する。総合回診、前のシリーズはこちらステントで血栓を絡め取って回収する小島柊氏(以下、小島)発表に入る前に実習生へ質問です。脳梗塞の治療といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?実習生1組...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞