m3.com トップ > 臨床ニュース > 「t-PA不適応でも諦めない」変わる脳梗塞治療【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「t-PA不適応でも諦めない」変わる脳梗塞治療【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.60_3

2018年の初めに立て続けに発表された臨床試験結果を受け、脳梗塞治療における血栓回収療法の位置づけは大きく変わったが、実施のための評価方法はまだ確立していない。日本の救急現場における梗塞巣評価の実際と、課題とは。m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第60弾の最終回は、ジュニアレジデント1年目の小島柊氏と上級医との質疑の模様を中心にお送りする。前回の記事『血栓回収療法が期待される理由』はこちら米国ではガイドライン変更、6~16時間なら「推奨」に小島柊氏(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞