m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃潰瘍3分の1、胃癌死も3位に【平成の医療史30年◆胃疾患編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃潰瘍3分の1、胃癌死も3位に【平成の医療史30年◆胃疾患編】 平成は胃疾患減少のターニングポイント

2018年12月26日 平成の医療史30年  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症

平成の30年間を通じて大きく変化した診療分野の一つに挙げられるのが、胃癌や胃潰瘍などの胃疾患だろう。胃疾患は諸外国に比べて日本人に多く、長らく国民病ともいわれていた。しかし、厚生労働省の患者調査によると、いずれの胃疾患も平成初期までは増加しているが、1999年(平成11年)あたりから下降している。胃疾患の年次推移とともに、平成を通じて胃疾患の撲滅に寄与した北海道大名誉教授・浅香正博氏のインタビューを、全3回で紹介する。(m3.com編集部・小島領平)減少に転じた要因は?まずは胃潰瘍。以前から増加...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞