m3.com トップ > 臨床ニュース > 新規認知機能改善薬候補BPN14770のライセンス契約と出資契約締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新規認知機能改善薬候補BPN14770のライセンス契約と出資契約締結

2018年12月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

塩野義製薬株式会社は12月19日、認知機能改善薬の開発候補品BPN14770の導入に関するライセンス契約および出資契約を米TetraDiscoveryPartners,Inc.(Tetra社)との間で締結したと発表した。Tetra社が創製した開発候補品BPN14770は、記憶形成に関わるPhosphodiesterase4D(PDE4D)を標的にしており、ネガティブアロステリックモジュレーターとしてPDE4D活性を調節することで、既存のPDE4D受容体阻害薬で見られる吐気等の副作用を回避しながら...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞