m3.com トップ > 臨床ニュース > イミフィンジ、ステージIV非小細胞肺癌の1次治療で臨床活性を証明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

イミフィンジ、ステージIV非小細胞肺癌の1次治療で臨床活性を証明

2018年12月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題

英アストラゼネカ社および同社のグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンは12月13日、スイス・ジュネーブで開催された2018年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)がん免疫療法会議において、第3相MYSTIC試験の全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)に関するデータを発表した。MYSTIC試験は、前治療歴のないステージIV(転移性)非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象として「イミフィンジ(R)」(遺伝子組み換え、一般名:デュルバルマブ)単剤療法またはイミフィンジと抗CTLA-4抗...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞