m3.com トップ > 臨床ニュース > 血友病A治療薬イロクテイトで4000IU製剤の承認取得

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血友病A治療薬イロクテイトで4000IU製剤の承認取得

2018年12月27日 ミクスOnline  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

バイオベラティブ・ジャパンはこのほど、血友病A治療薬イロクテイト静注用(エフラロクトコグアルファ(遺伝子組換え))の4000IU(国際単位)製剤の承認を取得したと発表した。患者によっては1回あたり最大規格の3000IU超の投与が必要な場合があり、2バイアルを使用せざるを得ず、週1回ではなく、週2回投与を選んでいたケースもみられたという。4000IU製剤により、治療をしやすくなることを期待する。同剤は、不足する第8因子の半減期を延長した製剤で、定期補充療法を実施する血友病患者の輸注回数を減らし、身...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞