m3.com トップ > 臨床ニュース > 世界最小・最軽量の次世代型心肺補助システムの開発に成功

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

世界最小・最軽量の次世代型心肺補助システムの開発に成功

2019年1月4日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 救急

国立循環器病研究センターは12月25日、世界最小・最軽量の次世代型心肺補助(ECMO)システム装置の開発に成功したと発表した。この研究は、国循人工臓器部の巽英介部長、片桐伸将特任研究員らの研究グループによるもの。ECMOは人工呼吸器や昇圧剤使用など、従来の治療法では救命困難な重症呼吸・循環不全の症例に用いられている。近年では救命救急領域や集中治療領域にまで広がりを見せ、その有用性は高まりつつある。しかし、現在汎用されている装置は大きく複雑なため、緊急対応には不向きで、重症患者の救急搬送時など、院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞