m3.com トップ > 臨床ニュース > ワクチン有効利用のため 抗体検査と接種を組み合わせて対応【ワクチン学会2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ワクチン有効利用のため 抗体検査と接種を組み合わせて対応【ワクチン学会2018】

2019年1月7日 MMJ  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症その他

第22回日本ワクチン学会学術集会(会長・森康子神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター臨床ウイルス学分野教授)が12月8、9日、神戸市内で開かれ、9日朝には予防接種推進専門協議会との共催で、緊急セミナー「風疹」があった。厚生労働省健康局健康課予防接種室の賀登浩章室長補佐は「風しん対策―行政の観点から」と題して話し、ワクチンの有効利用のために、抗体検査と接種を組み合わせて対応することなどが検討されていると説明した。(MMJ編集長・吉川学)最大の課題はCRSを防ぐこと賀登室長補佐はまず、風疹におけ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞