m3.com トップ > 臨床ニュース > 「移植医はハゲタカ」の中、帰国【平成の医療史30年◆循環器編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「移植医はハゲタカ」の中、帰国【平成の医療史30年◆循環器編】 国立循環器病研究センター・福嶌教偉氏―Vol. 2

「阪大で移植できるようにせえ、って言いましたやん!」――「これで、移植できる」大学での心臓移植の体制が整ったのは1991年。一方、90年に発足した脳死臨調での議論は、92年の脳死臨調最終答申まで続くことになる。ところが1991年、福嶌氏は米国に留学。移植を希望して阪大第一外科に入局し、心臓移植を可能にする体制を進めていた中で何が起きたのか。世界中、法律がなくても移植医療は行われている。そんな中、中山太郎先生(当時の衆議院議員、医師)が「医者だけでやっちゃいかん。法律の規制が必要だ」と、脳死臨調が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞