m3.com トップ > 臨床ニュース > 脊髄損傷治療用幹細胞ステミラック注が承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脊髄損傷治療用幹細胞ステミラック注が承認

2019年1月8日 ミクスOnline  カテゴリ: 整形外科疾患その他

ニプロは12月28日、脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞ステミラック注について条件及び期限付承認を取得したと発表した。患者の骨髄液から採取した間葉系幹細胞を培養、体内に静注し、脊髄損傷に伴う神経症候や機能障害の改善を図るもので、脊髄損傷に対する初の再生医療等製品。治験での評価症例数が少ないことから、承認期限となる7年のうちに対照群を設けて比較評価を行い、これでさらなる有効性、安全性が確認されれば承認は継続となる。これはニプロが札幌医科大学と共同開発したもの。用いる間葉系幹細胞は、神経や血...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞