m3.com トップ > 臨床ニュース > 国内初の医師向けオンライン診療「手引書」が完成

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国内初の医師向けオンライン診療「手引書」が完成

2019年1月8日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患

慶應義塾大学は12月26日、国内で初となるオンライン診療を精神科領域で安全に、高い質を保ちながら行うための手引書を完成させたと発表した。この成果は、同大医学部精神・神経科学教室の岸本泰士郎専任講師らの研究グループによるもの。手引書は、同日付でWebサイト上に公開された。情報通信技術の進歩に伴い、テレビ電話などを用いた遠隔医療が少しずつ行われるようになってきた。2018年4月からは、医師がテレビ電話で患者を診察する「オンライン診療」の一部が保険診療として認められ、今後の普及が期待される。その普及に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞