m3.com トップ > 臨床ニュース > 自家培養表皮ジェイス、表皮水疱症を効能・効果に追加

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自家培養表皮ジェイス、表皮水疱症を効能・効果に追加

2019年1月9日 ミクスOnline  カテゴリ: 皮膚疾患その他

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は1月7日、自家培養表皮ジェイスの効能・効果に「栄養障害型表皮水疱症及び接合部型表皮水疱症」を追加する承認を取得したと発表した。患者本人の皮膚組織を培養し、再発性や難治性のびらんや潰瘍となった部分に移植、症状を改善する。追加する疾患は、先天的に、日常生活のちょっとした刺激や摩擦で全身の皮膚や粘膜に水ぶくれやただれを繰り返し、潰瘍が発生する皮膚疾患で、指定難病。遺伝子の変異で発症する。国内の推定患者数は500人以上、うち重症者は320人程度という...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞