m3.com トップ > 臨床ニュース > MSD 抗アレルギー薬デザレックス、使用期限内全ロットを自主回収

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

MSD 抗アレルギー薬デザレックス、使用期限内全ロットを自主回収

MSDは1月7日、同社が製造販売元で、杏林製薬が独占販売している抗アレルギー薬デザレックス錠5mg(一般名:デスロラタジン)について、同剤の原薬保管施設が外国製造業者認定を取得していなかったとして、使用期限内の全てのロットを自主回収することを決定したと明らかにした。同剤の販売会社である杏林が主に回収作業にあたり、同日に回収を開始したと発表した。杏林にとっては成長を期待する製品で、業績影響について「精査中であり、確定し次第、公表する」としている。同剤は2016年11月に発売、17年12月には投与期...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞