m3.com トップ > 臨床ニュース > 全身性強皮症・皮膚筋炎治療剤レナバサム、日本での開発・販売契約を締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

全身性強皮症・皮膚筋炎治療剤レナバサム、日本での開発・販売契約を締結

2019年1月10日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

科研製薬株式会社と米CorbusPharmaceuticalsHoldings社(コーバス社)は1月4日、コーバス社が全身性強皮症および皮膚筋炎を対象に開発中の「レナバサム」(一般名)について、日本における開発および事業化についての提携およびライセンスに関する契約を、2019年1月3日付けで締結したと発表した。レナバサムは、新規の経口剤で、選択的に2型カンナビノイド受容体(CannabinoidReceptor2;CB2)に結合する低分子化合物。CB2は、免疫細胞、線維芽細胞、筋肉細胞および内皮...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞