m3.com トップ > 臨床ニュース > エピペン0.3mgも出荷制限解除

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エピペン0.3mgも出荷制限解除 0.15mgに続きいて

日本アレルギー学会はこのほど、アナフィラキシー補助治療剤の「アドレナリン注射液」(商品名:エピペン注射液)について、既に供給回復していた「エピペン注射液0.15mg」と同様に「同0.3mg」の供給制限解除を知らせる製造販売元のマイランEPD合同会社の通知文を、学会ホームページで紹介した。同社は、同剤の海外製造元でファイザー米国子会社のMeridianMedicalTechnology社からの出荷遅延を受け、代替薬の検討などを呼びかけていた。今回、製造元からの輸入量が従来レベルに回復し、国内在庫量...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞