m3.com トップ > 臨床ニュース > 尿管結石の痛みになぜ「志室」が効く?(2019.1.23修正)【時流◆試してみたくなる「私の手当て」】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

尿管結石の痛みになぜ「志室」が効く?(2019.1.23修正)【時流◆試してみたくなる「私の手当て」】 東京女子医大・武田宗和氏による尿管結石疝痛発作に対する「志室」指圧―Vol. 2

診察台の上で悶絶する尿管結石の患者の痛みが「志室」の指圧で治まるのを目の当たりにして、その後は「私が救急外来にいるときに尿管結石が疑われる患者が来ると、志室を押させてもらうようになった」と話す東京女子医科大学救急医学臨床教授の武田宗和氏。指圧法の実際と現時点での自験例の成績、痛みの改善につながると仮定される機序などを聞いた。(m3.com編集部・坂口恵)前回の記事『悶絶患者の背中に添えた手で驚きの効果』はこちら9例中7例が「有効」石井泰憲氏(石井クリニック・浦和)らの先行研究(臨床泌尿器科197...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞