m3.com トップ > 臨床ニュース > フルオロキノロン系抗菌薬に重大副作用追記

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

フルオロキノロン系抗菌薬に重大副作用追記 大動脈瘤、大動脈解離との関連指摘踏まえ添付文書改訂を指示

厚生労働省は1月10日、フルオロキノロン系抗菌薬12製品について、添付文書の「重大な副作用」の項に「大動脈瘤、大動脈解離」の追記を求める改訂指示を出した。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。同時に、大動脈瘤および大動脈解離を合併している患者や、同症の既往、家族歴またはリスク因子のある患者を「慎重投与」の対象として追記する。「重要な基本的注意」の項には、同薬投与時は観察を十分に行うとともに、腹部、胸部または背部に痛みなどの症状が現れた場合には直ちに医師の診察を受けるよう指導するこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞