m3.com トップ > 臨床ニュース > セリンクロ、アルコール依存症における飲酒量低減薬で承認取得

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

セリンクロ、アルコール依存症における飲酒量低減薬で承認取得

2019年1月15日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

大塚製薬株式会社は1月8日、アルコール依存症患者における飲酒量を低減する治療薬「セリンクロ(R)錠10mg」(一般名:ナルメフェン塩酸塩水和物)の国内における製造販売承認を取得したことを発表した。日本国内では、抗酒薬や断酒維持を目的とした断酒補助剤がすでに販売されているが、多量な飲酒を繰り返すアルコール依存症患者が飲酒量を減らしていく過程を補助する薬剤は存在しない。セリンクロは、日本では同社とデンマークのH.ルンドベックA/S(ルンドベック社)が共同で開発を進めていた。欧州では、2013年からル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞