m3.com トップ > 臨床ニュース > 第8回 かかりつけ医の声を参考にした「腎紹介基準」の活用を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第8回 かかりつけ医の声を参考にした「腎紹介基準」の活用を 執筆:伊藤孝史(島根大学医学部附属病院)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに「かかりつけ医から腎臓専門医・専門医療機関への紹介基準」(表)は、かかりつけ医がより利用しやすいものになるよう、日本医師会の指導・監修の下に作成されました。第1回の「かかりつけ医・腎専門医紹介基準こう使う」では、紹介基準の概要と策定の背景や意義について紹介しました。今回は、紹介基準の普及(『腎疾患対策検討会報告書』と『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018』)と実臨床における課題について述べたいと思います。厚労省の『腎疾患対策検討会報告書』とは?-さらなる透析導入減など、向こう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞