m3.com トップ > 臨床ニュース > 生ワクチン開発、動物実験には限界【ワクチン学会2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

生ワクチン開発、動物実験には限界【ワクチン学会2018】

2019年1月18日 MMJ  カテゴリ: 感染症その他

第22回日本ワクチン学会学術集会(会長・森康子神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター臨床ウイルス分野教授)が12月8、9日、神戸市内で開かれ、8日にはミニシンポジウム2「組換え生ワクチン実用化への取り組み」があった。北里生命科学研究所ウイルス感染制御学研究室IIの中山哲夫特任教授は「麻疹ワクチンウイルスをベクターとした組換え生ワクチンの開発」と題して発表し、適切な実験動物のモデルがなく動物実験には限界があり、この点をいかに乗り越えるかが課題だとまとめた。(MMJ編集長・吉川学)理論上は安全で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞