m3.com トップ > 臨床ニュース > HER2低発現乳がんで「DS-8201」のフェーズ3開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HER2低発現乳がんで「DS-8201」のフェーズ3開始

2019年1月17日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

第一三共は1月15日、開発中のHER2に対する抗体薬物複合体「DS-8201」について、化学療法による前治療を受けたHER2低発現の再発・転移性乳がん患者を対象にグローバルフェーズ3を開始したと発表した。乳がん患者全体の4割以上に低レベルのHER2が発現している(HER2低発現)とされるが、現在の標準治療ではHER2陰性に分類され、ホルモン受容体の状態により治療を決定している。そのため現在、HER2低発現の乳がん患者を対象に承認されている抗HER2療法はないという。試験名は「DESTINY-Br...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞