m3.com トップ > 臨床ニュース > 真のワクチンギャップ解消にキャッチアップ接種が必要【ワクチン学会2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

真のワクチンギャップ解消にキャッチアップ接種が必要【ワクチン学会2018】

2019年1月22日 MMJ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患感染症その他

第22回日本ワクチン学会学術集会(会長・森康子神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター臨床ウイルス分野教授)が12月8、9日、神戸市内で開かれ、8日にはシンポジウム2「真のワクチンギャップ解消に向けて」があった。聖マリアンナ医科大学小児科学の勝田友博講師は「日本のワクチンギャップの歴史と麻疹・風疹ワクチンのキャッチアップ接種」について発表し、「真のワクチンギャップ解消に向けて、多方面から継続的に介入するキャッチアップ接種が必要だ」と訴えた。(MMJ編集長・吉川学)MR、水痘、B型肝炎、流行性耳...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞