m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒトの強膜の感触を忠実に再現した緑内障手術練習用の眼球モデルを開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒトの強膜の感触を忠実に再現した緑内障手術練習用の眼球モデルを開発

2019年1月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 眼科疾患

名古屋大学は1月18日、眼科手術シミュレータに搭載可能な、ヒトの強膜の感触を忠実に再現した緑内障手術練習用眼球モデルを開発したと発表した。この開発は、同大未来社会創造機構の新井史人教授、同大大学院工学研究科の小俣誠二特任助教の研究グループが、東京大学大学院医学系研究科の相原一教授の研究グループ、同大大学院工学系研究科の光石衛教授の研究グループ、三井化学株式会社と共同で行ったもの。同モデルは、2019年1月11日の公開シンポジウム「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」、2月1~3日の「第4...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞