m3.com トップ > 臨床ニュース > リアルタイムCGM適正使用指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リアルタイムCGM適正使用指針を公開 日本糖尿病学会、急性発症1型糖尿病などに適応

2019年1月29日 日本糖尿病学会  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患その他

日本糖尿病学会はこのほど、「リアルタイムCGM適正使用指針」を同学会ホームページに公開した。インスリン療法でペン型注入器を用いている場合にも使用できるリアルタイム持続グルコース測定(CGM)の2機種(ガーディアンコネクト、デクスコムG4)が、2018年12月より保険適用となったことを受けた対応。同機種は急性発症1型などの糖尿病患者が適応となっているため「低血糖リスクが乏しく、血糖コントロールの安定している者または医師の指導に従わず、血糖自己測定(SMBG)を行わない患者等は適応外」と強調している...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞