m3.com トップ > 臨床ニュース > 仏の抗認知症薬の保険適用中止、どう考える?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

仏の抗認知症薬の保険適用中止、どう考える? 国立長寿医療研究センター鳥羽研二氏に聞く―【平成の医療史30年◆認知症】番外編

2018年8月、フランス保健省が専門委員会の提言を受けて、現在、同国内で承認されている抗認知症薬の保険償還を停止、全額自己負担とすると公表した。「アルツハイマー型認知症の治療に関するベネフィットを示すエビデンスと害のバランスを再評価した結果、健康保険の適用を正当化するには不十分と判断した」との見解を示している。これに先立ち、一部の海外企業は抗認知症薬の開発から撤退することを発表している。国立長寿医療研究センター理事長の鳥羽研二氏に、一連の動向への所感を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞