m3.com トップ > 臨床ニュース > エボラ出血熱治療薬の開発資金調達にクラウドファンディングを活用

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エボラ出血熱治療薬の開発資金調達にクラウドファンディングを活用

2019年1月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患感染症その他

北海道大学は1月28日、エボラ出血熱治療薬の開発に必要な支援金の募集を、READYFOR株式会社が運営するクラウドファンディングサービス「Readyfor」にて、2月1日より開始すると発表した。これは、同大人獣共通感染症リサーチセンターの高田礼人教授が、「致死率最大90%にもおよぶ『エボラ出血熱』治療薬開発の一歩へ」という募集タイトルで実施するもの。目標金額は370万円、募集期間は2019年2月1日~3月29日23時まで。エボラ出血熱は1976年に初めて集団感染が確認されて以降、アフリカで散発的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞