m3.com トップ > 臨床ニュース > マウスの内耳の前庭器官に気圧の変化を感じる「場所」があることを発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

マウスの内耳の前庭器官に気圧の変化を感じる「場所」があることを発見

2019年1月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

愛知医科大学は1月28日、マウスの内耳の前庭器官に気圧の変化を感じる場所があることを、世界で初めて突き止めたと発表した。この研究は、同大医学部の佐藤純客員教授のグループが、中部大学生命健康科学部と日本獣医生命科学大学獣医学部との共同で行ったもの。研究成果は、「PLOSONE」オンライン版に掲載されている。鳥類には気圧を感じる器官が耳に存在することがわかっている。そして、この器官を使って自分の飛んでいる高度を認知したり、雨が降るなどの気象変化を予見したりしていると考えられている。一方、ほ乳類に気圧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞