m3.com トップ > 臨床ニュース > JAK阻害剤デルゴシチニブ軟膏、アトピー性皮膚炎の適応症で承認申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

JAK阻害剤デルゴシチニブ軟膏、アトピー性皮膚炎の適応症で承認申請

2019年2月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

日本たばこ産業株式会社(JT)および鳥居薬品株式会社は1月31日、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤「JTE-052」(一般名:デルゴシチニブ)の軟膏剤について、アトピー性皮膚炎を適応症として、JTが日本国内における製造販売承認申請を行ったと発表した。デルゴシチニブ軟膏は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすJAKの働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することで、自己免疫・アレルギー性疾患を改善することが期待される、世界初の外用JAK阻害剤。国内で実施した16歳以上のアトピー性皮...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞