m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳波からてんかん発作を自動検出する人工知能を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳波からてんかん発作を自動検出する人工知能を開発

2019年2月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患検査に関わる問題

東京大学は2月1日、脳波からてんかん発作を自動検出できる人工知能の開発に成功したと発表した。この研究は、同大先端科学技術研究センターの高橋宏知准教授、自治医科大学脳神経外科の川合謙介教授、情報通信研究機構脳情報通信融合研究センターの篠崎隆志研究員らの研究グループによるもの。研究成果は「NeuroImage:Clinical」に掲載されている。脳の一部が異常で過剰な活動を起こすと、突然痙攣を生じたり、意識を失ったりする「てんかん発作」を起こす。てんかんの診断には、脳波検査が欠かせないが、これらの診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞