m3.com トップ > 臨床ニュース > 初の口腔粘膜付着型抗真菌薬オラビを2月4日に発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

初の口腔粘膜付着型抗真菌薬オラビを2月4日に発売

2019年2月5日 ミクスOnline  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患感染症投薬に関わる問題

富士フイルム富山化学は、そーせいが承認取得した口腔咽頭カンジダ症治療薬オラビ錠口腔用50mg(一般名:ミコナゾール)を2月4日に発売すると発表した。1日1回の上顎歯肉に付着させて使用する国内初の口腔粘膜付着型の抗真菌薬。口腔咽頭カンジダ症は、主として真菌に属するカンジダ・アルビカンスにより引き起こされる口腔および咽頭内の真菌感染症で、免疫機能が低下した人に多くみられる。錠剤を口腔粘膜に付着させることで、口腔内に有効成分を長時間、持続的に放出できるように設計された。薬価は50mg1錠1181.70...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞